日記・談義坊 /

甑大橋開通を祝して


 甑大橋開通式晴天の下行われる。開通式は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため規模を縮小し行われた。「藺牟田瀬戸架橋建設促進期成会」が結成されたのは、30年も前。須賀県知事の時、700万円だったか、調査費が付いたときは「夢ではないかも」と期待したのを覚えている。KAGOSHIMA熱闘会議の2次会でスナックにご一緒した知事にお礼を述べたのでした。県内最長1,533mの大橋が夢で無く現実になった。甑島の振興にどう活かされるかどうか?これからでしょう。

 甑大橋開通を祝して、NPO法人薩摩川内市文化協会からのメッセージ・詩が披露された。

 島之衆(しまんし)の 心ひとつに なれかしと  甑大橋 灘 繋ぎたり

 断崖に 太古の浪漫を 偲びつつ  夢を紡がむ 甑大橋

 代表理事長は、瀬尾和敬氏である。記念に記録しておこう。

追記。

正式な「架橋建設期成会」の設立の時期、名称を記しておきます。

・平成3年3月:甑島架橋建設促進期成会設立

・平成5年8月:甑島架橋建設促進川西薩広域期成会設立