日記・談義坊 /

遅蒔きながら「春風献上」謹賀新年


 暮れから正月と慌ただしく過ぎています。
 地区コミの世話役を仰せつかってから、本当に忙しい毎日です。特に、指定管理を委託されている、地域活性化施設「てうちん浜や」の経営などど素人の身には大変です。
 門松も4カ所、前会長がいろいろと段取りをしてくださって、早めに済ませることができました。
 自分ちの門松は、31日に作る羽目に。

 元旦からは、諸行事が連チャンで続きました。
 大照寺の除夜の鐘突きに始まって、新田(八幡)神社の新年祭、手打地区コミ年始会、蛭子神社祭・本町船主会(船祝い)、新成人の集い、そして6日の消防出初め式(下甑では6日に毎年実施)、4日には「てうちん浜や」の初商い、妻美代子さんの助言もあって、明日もあるからと、焼酎もほどほどにして体調維持に努めることでした。
 消防出初め式は、若き団員たちと歳も忘れて、2次会、カラオケと羽目を外しちゃいました。

 失敗談一つ。神社のおみくじ、30日に補充したのですが、元日の午後には、空になっていたそうです。何人もの人から指摘されて、恥をかきました。3日、4日と、補充しましたが、残り僅かです。
 
 前の注文記録を調べることでした。山口県の周南市にある「女子道社」です。ネットで調べてみると、全国の70%がここで作られているそうです。川内の新田神社の紹介だったようですから、ほとんどの神社が「女子道社」で作られたものを備えているってことですネ。

 今日は、旗日・祝日の「成人の日」。テレビでの報道でも、各地の成人式の様子が流されている。新聞の社説などでも取り上げられている。農業新聞のコラム【四季】にも目を通すことでした。
 大人になる年齢を現在の20歳から18歳に引き下げる民法の改正案が今度の通常国会に出されるという。
 各新聞の社説でも、「成人の日」の意味・意義について掲載している。

 一昨年の成人の日だったと思うのですが、「農業新聞」のコラムでいいことが書かれていたのですが、内容を覚えていません。美代子さん「ブログに書いてないのね、書き写しておけばよかったのに」と。昨日の記事も忘れてしまうのに。新成人が生まれた20年前、ふうてんの寅さんこと渥美清さんが亡くなったことことを記しながら、大人になるってことについて、述べられていたような。ってなことを思い出すことでした。

 遅まきながら あけましておめでとうございます 笑顔でよきお年を ワンダフルな年にしましょう