日記・談義坊 /

社会派俳人・金子兜太(とうた)さん逝く。


 農業新聞・コラム【四季】より 2018・2・22掲載

 先鋭かつ骨太の生き方を貫いた信念の人である。<水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る>。この句こそ作者の真(まこと)を表す。社会派俳人・金子兜太さん逝く。享年98▼鋭く澄んだ目で社会を切り取る。先の句は敗戦後の捕虜生活を終え南洋のトラック諸島を離れる船上から詠む。水脈とは船の通った後の水の筋、航跡である。情景が手に取るように浮かぶ。戦争の過酷さと戦死者の鎮魂を込め、遠ざかりやがて消えていく墓碑を見つめ続ける。悔し涙が浮かぶ▼悲惨な戦争体験は<悲>から<怒>に転じる。金子さんが書いた「アベ政治を許さない」は最も有名な揮毫(きごう)の一つ。2年半前、安保関連法案への反対運動が国会周辺で連日盛り上がる。この時に多くのデモ参加者が掲げた。達筆だが勢いがある。まるで書体自体が生き物のように動き叫ぶ。カタカナ書きにしたのは政権の強引な政治手法そのものへの義憤を重ねた▼あくまで新鮮な感覚を大切にした。社会的な句を詠む傍ら人材の発掘にも力を入れた。いじめに負けず<冬の薔薇(ばら)立ち向かうこと恐れずに>など小学生の時から秀作を出したランドセル俳人・小林凜(りん)くん。彼を早くから絶賛したのも一例だろう▼一方で、「アベ政治」は官邸農政でも続く、農業者の憤りを金子さんならどう表したろう。