日記・談義坊 /

ツアー客、台風3号で甑島に足留め・連泊。


 台風3号の影響をもろに受ける4日に、ツアー団体客の「てうちん浜や」での昼食予約が入っている。旅行・ツアー会社は大阪とのこと。日程を確かめると、3日に上島観光、里に1泊、2日目、下甑島観光して最終高速船で川内に渡り、新幹線で帰る予定。「4日は、台風の影響で船は欠航になります」と、言っても、甑島商船は、検討中とのことで、「現地の添乗員に聞いても、大丈夫そうだから、予定通りお願いします。念のため、海上タクシーも予約しています」だと。大阪では、判断不可能です。波高6mの予報が出ているのに出航するはずがありません。船会社も親切に説明してやればいいのに。海上タクシーも走りません。
 てなわけで、こちらの判断で、仕込みの準備は中止、その旨を大阪の会社に伝えることでした。「もし、船が出たら下甑に行きたいのですが・・・」「その時は、即席で対応しましょう」ってことで、3日は終了。本当に台風来るんだろうかと思う位、海は静かでした。しかし、予報通り、4日は大時化となり、全便欠航。大阪のツアー客、里に足留め、連泊となったようです。
 5日は、台風一過、波静かです。よっぽど、下甑にも渡りたかったのか、再度の昼食予約。喜んで、準備することでした。この日は、地元客も含めて大入り満員。お断りするお客も出たようで、申し訳ないことでした。
 客商売って、難しいですね。