日記・談義坊 /

「共謀罪」化粧直し、しても問題アリ!疑問尽きない。


 かって3度廃案になった「共謀罪」が、化粧直しをして組織的犯罪処罰法改正案として閣議決定された。
 なんのことはない。「組織的犯罪集団」の前に「テロリズム集団その他」を加えるという修正をしたってことです。
 「テロリズム」とは何でしょうか?秘密保護法などで定義されているテロリズムとは「政治上その他の主義主張に基づき、国家もしくは他人に強要し、または社会に不安もしくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、または重要な施設その他を破壊するための活動」とあります。
 日本の刑事法の原則は、犯罪の具体的な行動を伴う既遂や未遂を処罰することです。その前の段階を処罰する予備罪などは、一部の重い罪に限って設けられているものです。対象犯罪を277に限定としながらも何でも引っかけること可能でしょう。
 日常的監視で「犯罪」がつくられちゃいます。内心や思想まで処罰されます。盗聴もし放題になります。「普通の人」も対象になります。いかなる犯罪の共謀を認定するかは、当局・権力がどんな筋書きを書くのかってことになります。怖い世の中になってしまいます。
 どんな共謀が監視対象となるのか気になります。自民党改憲案流に言えば「公益及び公の秩序」に反すると当局が判断する思想信条に関わることになります。
 
 悪いことをしたから捕まる、罪を犯したから罰せられるって言う当たり前のことではなく、思想犯など目障りな部分をターゲットに絞って「罪」をつくることになります。
 国会でどう議論されるのか注目して参りたいと思います。