日記・談義坊 /

瀬戸内寂聴の壁掛けカレンダーの言葉


瀬戸内寂聴の壁掛けカレンダーの月ごとに添えられている言葉に頷かされます。
4月の分を紹介しましょう。

  葦は一本では立たないけれど、
  一本一本を束ねることによって
  立たせることができます。
  私たち人間も同じ。
  自分は誰かに支えられていると知り、
  協力する気持ちを忘れずに、
  人と関わっていくように
  心がけましょう。

ついでに、2月の言葉も。

  自分が好きなことをしたら、
  周囲と軋轢(あつれき)を生みます。
  それでも、自分が選んだ道ならば、
  泣き言を言わずにやるしかありません。
  人生は恋と革命です。
  世界の中にいる自分を知り、
  責任をもって、
  自分のやりたいことを
  思い切りやってください。