日記・談義坊 /

安倍政権にブレーキかける人いないの?


 安倍政権の支持率、60%超えたそうです。不思議っていうか、なんでだろうって思ってしまいます。
 安倍首相がトランプ氏や、ロシアのプーチン大統領らと相次いで会談するなど首脳外交を展開したことが、支持率アップにつながった可能性があるとのこと。
 会談の中身、成果については、TPPにしても北方領土問題にしても評価は低いのに、安倍さんの人気は上がる一方。「大物らしさ」が受けているのでしょうか。
 
 政府の恣意的な憲法解釈の変更により、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を強行し、立憲主義の大原則や法的安定性を著しく損ねました。安保法制は、立憲民主主義を壊すものです。

 安倍首相は参院選で「争点は経済」と言った。後から「3分の2取ったから改憲の準備ができた」ってのはおかしいでしょう。与党は勝ったかも知れませんが、改憲や安全保障政策が信任されたわけではありません。ナチスの手口みたいです。ナチスの全権委任法に似ていませんか。

 アベノミクスは失敗に終わりました。取って付けたように「同一労働同一賃金」を言い出したりしています。「年金カット法案」を強行的に可決しようとしています。安倍政権・アベノミクスで、実質賃金は下がりつづけ、株式市場に注ぎ込まれた年金は消えてなくなりました。

 安倍政権は、原発の再稼働や沖縄の辺野古新基地建設など強行しています。異なる意見や価値観に向き合おうという姿勢が全く感じられません。

 今さえ良ければいい、ではダメ!でしょう。安倍政権にブレーキかける人はいないのでしょうか。