日記・談義坊 /

西の空に大きい月、東に金星と木星鮮やかに。


 朝5時過ぎ、電話で起こされる。「外に出て、西の空と東の空を見てごらん」っていう美代子さんに促されて、目をこすりながら外に出ることでした。
 東の空に鮮やかな二つの星がくっついて見える。金星と木星です。ちょっと大きいのが金星、その近くの星が木星だそうな。西の空は、建物で見えない。近くの公園まで出かけることです。すると、沈む前の大きなまん丸い月がきれいに浮かんでいる。これまた鮮やかです。満月だったんだ。
 上から何か羽織ってくればよかったのに、寒いこと。

 二度寝しようにも、寝付けない。雨宮かりんさんの「子猫の肉球」を読んで、「あさが来た」まで待ちませんなら。