日記・談義坊 /

「ガラケー」ガラパゴス化


「ガラケー」って、「ガラパゴス携帯」と呼ばれる従来型の携帯電話のことなんですね。絵柄付きの携帯電話のことかなー?と思っていました。

南米の絶海に閉ざされたガラパゴス諸島は、生物が独自に進化し、ユニークな生態系をつくっているといわれます。そこから、限られた空間で特異に発展して他に広がりをもたない状況などを「ガラパゴス化」というんだそうです。多機能ながら国内の独自規格のため海外で売れなかった、かっての日本の携帯電話が代表例なんでしょう。

「ガラケー」が最近、人気がでてきたとのこと。スマートフォン(スマホ)から買い替えたり通話専用として買い足したりする人もいるそうです。

世界標準のスマホは確かに便利ですばらしいですよね。超小型パソコンを持ち歩くようなものですから。

といっても、使いこなせての話しですが。私などにとっては、猫に小判、宝の持ち腐れってことでしょう。美代子さんからも、「普通の携帯にしなさいよ」といわれています。

孫たちは、私のスマホを奪い合って、ゲームをします。器用なモノです。この子たちが大人になるころには、どのような機器が登場していることでしょう。

私も、ボケ防止のために、スマホを触り続けませんなら。