日記・談義坊 /

M6級地震「どこでも起きうる」各断層なくても?


 大阪北部地震、驚きました。阪神大震災の時と比べたら、朝、明るくなってからの発生ってこともあって、死亡事故など人的被害は少なかったようです。
 しかし、登校中の9歳の女子児童の死など痛ましい被害も起きています。ブロック塀って怖いですね。宮城県沖地震の後、指摘されていたことだったようですから、残念です。
 
 川西市の娘に電話してみました。子供を送り出した後のことだったようで「初めての体験だった。怖かった」と話す。高校、中学校、小学校とそれぞれに通っている子供たちのこと心配だったようです。小学校は集団下校で早めに帰ってきたらしい。
 婿旦那さんは、職場が高槻市に変わったとのことで、通勤大変だねーと思っていたところでしたが、今回の地震の真ん中です。娘、電話も通じないと心配をしていました。帰ってこられたのか気になることでした。

 気になって、電話した先は、門真市に一人で住んでいる、叔母のところ。銭湯のエントツが倒れて繰り返し映像で紹介されたのは、香里園です。京阪沿線で近いのです。
 私の「おじ」「おば」、父方、母方含めて門真の叔母一人になってしまいました。大阪にいたころ何かとお世話になっていたので、いつも気にかけてはいるのでが、想いを届けられていません。
私が子どもの時、江口家三猿が揃った。縁起が良いと聞かされたものです。私の干支が猿、一回り上で叔母も猿。その一回り上に姉の叔母がいるのです。大阪の叔母は86歳ってことです、一人だけの叔母になったので、健康で長生きして欲しいものです。

 秋の関西手打運動会には行ってみたいものです。と言っても、秋は手打でもいろいろ行事有りそうです。