日記・談義坊 /

森友・加計「隠蔽疑惑」・文科省の教育への不当干渉


 「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん。「加計学園」獣医学部新設計画に関する文書の改ざん。佐川や一部の官僚により行われたと逃げる安倍や麻生大臣。いい加減に責任を取って欲しいものだ。誰の意思で、誰かのことを忖度して、官僚たちは働いたのでしょう。表で、自己嫌悪に陥りながらドロを被った官僚のことを可哀想と思ってしまいます。「上からの指示で、書き換えさせられた」と、メモを残して自殺した職員もいます。
 首相よ、大臣よ、政治家よ。下で働くものの痛みを知れ。潔く、身を引きなはれ。もうよかが、安倍さん。
 
 官邸に人事権を握られて「モノ言えば」縮こまる官僚たち。そのような中、文部科学省前事務次官の前川喜平さんの言動には、アッパレと拍手したものです。その前川氏の学校での講演にいちゃもん付けた文科省。「わろてんか」に戦前のいやらしい検閲の場面が出ていましたが、いまでも教育現場のことに不当干渉しますか、文科省さん。裏の何者かのことを「忖度」してのことですか。前川さんが「出会い系バー」を利用していたとの週刊誌ネタを示しながら、講師として相応しくなかったってことでしょう。

 とにかく、今の政治劣化しています。替わりはいないかも知れませんが、安倍さん一日でも早く退陣して下さい。

 追記。
 森友「決裁文書」の改竄は、誰のために、誰の差し金で行ったのか?
 確かに、官邸の政治的圧力や財務省幹部の忖度がない限り、優秀な財務官僚が、印の押された行政文書改竄を罰する「有印公文書偽造罪」(最高で懲役10年)の違法行為をするとは考えられない。自殺までした職員をあそこまで追い詰めたのは誰なのか。森友学園の名誉校長だった昭恵夫人の関与を隠蔽。安倍晋三の政治生命を守るために財務官僚が文書改竄をしたことは明白だ。手を汚した優秀な職員の自殺まで生み出している。“アッキード疑獄事件”の可能性は高い。
 来週からの国会での追及を注目しましょう。

 今日の新聞報道。前川氏の講演に対する、文科省のメールでの問い合わせ、しっこいというか、許せない干渉です。教育現場、萎縮するんでしょうね。世の中、本当におかしくなちゃっています。

 もう一つ追記。
 「詐欺罪」で逮捕された籠池夫妻、年越しも大阪拘置所だったようですが、拘留200日を超えても、今も拘置所なんですね。逃亡や証拠隠滅の心配はないと思われるのに、なんで保釈されないんでしょう。今出てきて、何やかんやしゃべられたらまずいんですかね。だけど、異常です。日本では、「起訴事実を否定する被疑者の勾留が長期化する」って、言われていますが、おかしいことです。世界でも批判されています。マスコミでも取り上げて下さい。