日記・談義坊 /

台風24号!被害はなかったかな!?


 今年は、台風多く発生した割には、甑を微妙に外してくれて、ラッキーと思っていたのでした。21号などは、娘のいる関西に大きな被害を残しています。台風24号も夜中までは、さほど風の強さも感じられず、こんなものかと安心していたら、明け方から外にもでられない強風台風であります。雨戸をそっと開けて覗くと、榎木の大木の大枝が裂けています。新聞小屋や物置大丈夫だろうかと案じながらも、家の中でテレビ観て寝転んでいます。幸いなことに、停電にはなりませんでした。ランプなど準備はしていたのですが。
 午後になっても、吹き返しの風が吹き止みません。
 宮崎の美代子の妹さん、タキロンが吹き飛んだと、ラインで写真が送ってきました。だけど、風はもう収まったそうです。

 沖縄は知事選挙っていうのに、大変ですネ。投票行動に影響はないのでしょうか。
 夜の開票を楽しみに待ちませんなら。

 テレビも飽きたので、インターネットで遊んでいると、今年の沖縄全戦没者追悼式での中学3年、相良倫子さん(14歳)の朗読詩が紹介されています。ニュースで観ていましたが、改めて感動します。

 約7分に及ぶ力強い朗読は、インターネットでも拡散されています。
 94歳になるという曽祖母の沖縄戦体験を聞いて、詩を書いたという「生きる」全文を転載しときましょう。