日記・談義坊 /

気を持たせる台風18号


 非常に強い台風18号、東シナ海を北上している。中国大陸を前にして、東寄りに右旋回するとの予報。予報円の中心を進むと甑島に正面から当たります。平成16年、13年前の台風のコースに似ています。その時は、手打海岸の堤防も壊れ、バス道路の県道も決壊、人家にまで被害が及んだのでした。
 漁師のみなさんも、14日木曜日から船の避難準備です。港は舫い綱で繋がれた漁船が一杯です。
 公民館も郷土資料館も金曜日から閉館することにして、戸締まりを済ませることでした。「てうちん浜や」は、15日金曜日の午前中、様子を見ることにして、午後雨戸など填めてもらいました。高いところなどもあるので、私ではかないません。ちょっと若者にお任せすることでした。私は、八幡神社や空き家になっている親戚の戸締まり。
 夕方、雨模様の中、自分ちの新聞小屋や車庫の戸締まりです。家母屋は、最後の仕事です。久しぶりに、念を入れて、台風に備えたような気がします。
 「本当に台風来るの」って感じで、夜を迎えたのでした。テレビの予報をみても、まっぽし向かってくるのは間違いないでしょう。だけど速度はゆっくり。「明日の夕方かな?」と思いながら床につく。

 そうして、今日、16日土曜日。朝起きてみると、風もなく海も静か。おまけに、お天気は晴れです。
 家に閉じこもっているのも、もったいないですので、「台風で散らされる前に、かていし(椿の実)取りに行こうか」となりました。ただ、台風対策でしっかり閉めた車庫を開けるのは面倒でした。せっかく車を出しましたので、墓掃除もついでに。台風の風で荒らされることでしょうが。

 お昼、冷やしソバ・ソーメンを食べながら、台風情報見るも、速度は超ゆっくり、明日の午前中に接近か?
 車と一緒で、カーブするときは、速度が落ちるんだそうです。せっかく曲がるんだったら、もちょっと東に曲がって、甑島の右(東)を通ってくれたらいいのに。そしたら、枕崎、佐多岬方面が影響受けちゃいますかね。やっぱり、中国大陸に向かってくれたらよかったのに。
 手打、朝の内に、4名の方が、玉姫園に避難されたとのこと。台風抜けるまで、長丁場になりそうです。

 明日も一日、台風とお付き合いでしょう。新聞もお休みです。

 追記。
 只今、17日(日)お昼の12時です。
 台風18号、昼前、南九州市付近に上陸したとのこと。家の周りの立木を揺すっていた暴風雨も落ち着いたようです。
 この風で屋根瓦ズレちゃったんじゃないかと心配です。新聞小屋のスレート屋根大丈夫だったろうかと気になります。
 夕方には、雨も落ち着くでしょうから、点検しませんなら。
 手打での避難者25名だったようです。内川内からも4名の方が避難してきたとのこと。夕方には、帰られるでしょうが、道路大丈夫ですかね。バス運行も休止しています。