日記・談義坊 /

6月定例議会も終わりました。


議会が終わると、当局の皆さんもほっとされるでしょうが、議員としてもやっぱりほっとします。最終日は、委員長報告など最後の仕事が残っているのですが、事務局の職員におんぶにだっこ、甘えて・・・助けられています。

議会事務局職員の仕事って言えば、表に見えないところでも苦労されているんだろうなァーと思う事です。議会が終わると、ほっとする議員とは違って「議会便り」の編集や会議録の作製(校正)、ホームページのアップと大忙しでしょう。

「議会便り」って言えば、下甑村時代は、一人しかいない議会事務局職員だけに頼るわけにもいかず、「編集委員会」の議員の皆さんで、原稿の執筆、紙面割り付け、写真の手配、校正に至るまで、何日も掛かって作業したものです。役持たずの一年生議員の時は(議員選出の監査委員を仰せ付かってはいましたが、暇が多かった私でしたので)、特に頑張ったなァーと思い出します。

詳しい使い道は忘れましたが、全議員から会費(議会便り編集活動費)を集めて、その活動費に充てていました。

9年目にして、初めて務める「議会便り編集委員会」の会議の場で思い出し、ちょっと喋ることでした。

村時代は、2年に一人位の割で、東京で行われる研修会にも派遣してもらったものでした。いまでこそ、議会便りの発行は、当たり前のようになっていますが、町村で発行している議会はそう多くなかったと思います。今は、インターネット・ホームページで公開する時代ですけど。

議会終わって、ゆっくりしている場合じゃなかった。

「かのこゲートボール大会」に帰ってきます。県の大会と重なって、8チームだけの参加らしい。日曜日は、KAGOSHIMA熱闘会議IN大坂(南さつま市)交流会です。鹿児島大学の学生さんも20数名参加とのことで、どうしても駆けつけませんなら。泊での「前夜交流会」(ノン方)にも参加したいのですが・・・・。

追記。

朝一、早起きして、串木野新港に来てみれば、シーホーク1便欠航であります。予想もしていなかっただけに、「なんでー」でした。怪しい天候の時は、ホームページで運航状況を確認するのですが、まさかの欠航です。フェリーは、平常通り運航とのことですが、中途半端になりますので、島帰りは止めて、大坂・南さつま市の前夜交流会に泊で参加としませんなら。

午前中は、川内まごころ文学館で上映されるという映画「うまれる」を観に行きませんなら。FMさつませんだいで紹介していました。心優しくなる・心温まる映画だと言います。近くだと孫たちにも観せたいのですが。