日記・談義坊 /

消防後援会って!


私の委員会は、昨日で終わったものの、今日も忙しい一日でした。

午前中には、企画経済委員会を傍聴したかったのですが、藪用もあって、朝からバタバタでした。昼から、委員会を傍聴して、ちょっとだけ番外として質問して。

夜は、6月10日に設立された「合同会社YODA」の発会合。

クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業(プロデューサー人財派遣事業)に応募したとのこと。採択され、二人の若者が、プロデューサーとして活躍されることを願うことです。

YODAのスローガン

・薩摩川内市のリソースをデザインし、新たな市場・需要を開拓する。

・100年続く産業文化を。

・薩摩川内の経済活動を活性化させ雇用を創出する。

夢は大きく。頑張りましょう。

今日は、消防後援会の連合会が川内ホテルであったそうです。二次会の流れ、寿司屋で話題になりました。

甑島には、この消防後援会ってのがないのです。連合会の会長さんに同僚議員がなられたとのこと。「甑島にも消防後援会を」との話がでたとの議長の報告。消防局の皆さんもいる中で、ワイワイガヤガヤ議論することでした。

必要かもしれませんね。地区コミや自治会の皆さんとも語ってみませんなら。

追記。

今日は、「宮古島市資源リサイクルセンター指定管理者」の方が、議会に私を訪ねてこられて、屎尿や生ゴミ等の堆肥化の話を聞くことができました。佐賀市の公設民営方式での事業や新潟県見附市のコミュニティでの「微生物活用プロジェクト実証実験」の取組、大いに興味をもちました。

一般質問でも、生ゴミ堆肥化の話でていましたが、甑島でも取り組みたいものです。