日記・談義坊 /

国民性を表しているジョーク


毎日新聞の「余録」欄に、国民性を示すジョークが載っていたとのことで、妻美代子さんが、FAXを送ってくる。

国民性ジョークの名作である。

沈みかけた船の乗客を海に飛び込ませようと船長が呼びかけた。

英国人には「飛びこめばあなたは紳士です」。

ドイツ人には「船の規則で飛びこまねばなりません」。

フランス人には「「飛びこんではいけません」。

ちなみにこのジョークでの日本人への呼びかけは

「みんな飛びこんでいますよ」である。

 

有名な沈没船ジョーク<国民性が良くわかる?!>

とある巨大豪華船が氷山に接触、沈没しかけている。

脱出ボートの数よりも乗客の数が圧倒的に多い。

女性、子供、老人客を郵船させると残りの男どもには厳寒の海に飛び込んでもらうしかない。

船長は、スムーズに海に飛び込んでもらうため男達に次のように言った。

英吉利(イギリス)人には「紳士はこういうときにこそ飛び込むものです。」

独逸(ドイツ)人には「規則では海に飛び込むことになっています。」

伊太利亜(イタリア)人には「さっき美女が飛び込みました。」

亜米利加(アメリカ)人には「海に飛び込んだらヒーローになれますよ。」

露西亜(ロシア)人には「ウオッカのビンが流されてしまいました。今追えば間に合います。」

仏蘭西(フランス)人には「海に飛び込まないで下さい。」

日本人には「みなさんもう飛び込みましたよ。」

中国人には「おいしそうな魚が泳いでいますよ。」

北朝鮮人には「今が亡命のチャンスですよ。」

船員「船長!まだ韓国人が残っていますが!」船長「ほっておけ。」船員「なぜですか!」

船長「あとから服が濡れたとか、風邪をひいたとか、煩いから勝手にさせておけ。」

インターネットで検索したものを重複しましたが、載せておきます。