日記・談義坊 /

台風(時化)の合間をぬって灘を往ったり来たり


10月9日、長かった9月議会も最終本会議を迎えた。いろいろありましたが、12月議会に向けて勉強もしませんなら。市民の陳情を受けたこともあって、介護保険の基本と仕組みをしっかりと勉強して、12月議会で具体的に質問するってこと、お約束することでした。

議会は閉会になっても、行事・イベントなど盛りだくさんであります。

国主催による、原発事故防災訓練もありました。里、上甑の一部住民は、長浜へ海上輸送避難も組まれていました。直接、島での訓練にも参加したかったのですが・・・・・。

もし万が一の時は、狭い島の中で、ウロチョロするより、漁船総動員してでも、笠沙に避難でしょうか?

13日は、市民運動会。下甑、頑張って、Bグループ3位です。9年目にして、入賞初めてかな?玉入れ、いつものように、ビリだったのですが、年代別リレー女子は、ぶっちぎりでの一位でありました。おめでとう。

そうそう、娘のお付き合いで、福岡にも行ってきました。3人の孫のお守り役で。

15日は、阿久根で、南九州西回り自動車道建設促進鹿児島県大会。基本計画のまま取り残されている薩摩川内市から阿久根市間については、環境影響評価や都市計画など、整備計画決定に必要な諸手続も、はじまったようです。でも、全線開通は、まだまだ先のことでしょうが。

大隅の東回りの方が、元気ありそうです。串間まで開通したら、真っ先に走って行きませんなら。

決起大会、志布志(東回り)は、1,200名。阿久根(西回り)は、700名の差かな。

17日は、映画「そして、父になる」を鑑賞。18日は、島に帰る予定が、フェリー、機関エンジン故障で欠航。そのまま、鹿児島に車走らせて、連チャンで、映画「31年目の夫婦げんか」を観ることでした。

もう41年も夫婦している、我が家の場合と重ね合わせながらの鑑賞。

この映画、夫婦で観たら、どのような感想を述べ合ったことでしょう。一人、思い出し笑いをしながら、川内へ向かうことでした。

19日のシーホーク1便で帰ることでしたが、アクアスロン大会に参加する選手や関係者で、船は満席。200名以上の乗船客で、お盆の時のような、賑わいでした。

天気にも恵まれ、アクアスロン大会も盛会でした。20Kmの泳ぎと20Kmの走り、好きでなければ参加しませんよね。70代の人が完走されました。凄いです、脱帽です。

下甑のMくんも、去年に続いて挑戦。スタンダード(?)の部で4位。

審判委員長を務めたのは、KAGOSHIMA熱闘会議の会員でもある県庁職員のTくん。

昨年は、大会当日、議員選挙の投票日と重なっていたのでした。前日、選挙カーで、最後のお願いに回っている時、Tくんと会ったのですが、アクアスロンどころじゃなくて。

21日は、中小・小規模企業活力強化総決起大会に参加。会場には、市長選で共産党市議に敗北した、元曽於市長夫婦の姿も。元気そうでなにより。負けてもめげず、前向きに生きるって、すばらしい。今度、また飲みましょう。

国会議員を代表しての、Y代議士の来賓挨拶、長すぎです。我々の会議でしたらイエローカードです。

2部では、伊藤県知事の講演「最近の県政について」がありました。疲れていたのか、居眠りしちゃいました。ごめんなさい。

22日は、マチュピチュ「発見」100年・インカ帝国展に出かける。

結構見応えがありました。平日にもかかわらず大勢のお客。

インカ帝国は、15世紀前半から16世紀前半にかけて繁栄したアンデス文明最後の国家だといいます。

文字もないってことから、歴史としては、昔々の時代を想像していましたが、江戸時代とかさなるんですね。スペインに侵略・征服されたことをみても、コロンブスの時代でもあるんだ。

「今、一番訪れてみたい世界遺産・マチュピチュ」ってことで、妻美代子さんに、「いってみようか」てなこと言ったら、「どこにお金あんのね」と現実的な応えでありました。「宝くじ」にでも当たったら、考えませんなら。