日記・談義坊 /

ストリートピアノ・やっと薩摩川内にも!


3年前(平成23年2月26日)、県内11市町の商業者らでつくる情報発信組織「鹿児島まち自慢快発考舎」が、鹿児島中央駅前の一番商店街に古いピアノ2台を贈呈した。その、ストリートピアノ除幕・お披露目式がありました。誰もが弾ける「ストリートピアノ」として商店街通りに置かれたのです。

私も、「まち自慢快発考舎」なるユニークな組織に首を突っ込んでいたこともあって、このお披露目式に立ち会ったのでした。

鹿児島市赤塚学園・タラデザイン専門学校の学生たちのデザイン・ペイントによって、新しく蘇ったピアノが設置されました。その時、いつか薩摩川内市の商店街にもストリートピアノがあったらいいなーと思ったのでした。

ストリートピアノは、「ストリートピアノプロジェクト」の地道なボランティア活動にも支えられて、いろんな所・地域に設置されてきました。

霧島こくぶパークプラザ、鹿屋、枕崎、鹿児島空港ビル、志布志、指宿、今年の3月11日には、東北の南三陸町でお披露目式・記念演奏会まで、催している。宮崎にも設置され、現在11台となっている。かごしま一番街商店街から始まった「ストリートピアノ」前線は、種子島、奄美・沖縄へと南下。一方、熊本・福岡・北海道、韓国、アジアへと北上も。

やっと、やっと、薩摩川内市にも登場となりました。

今日は、鹿児島まち自慢快発考舎・ストリートピアノプロジェクトから薩摩川内未来塾へのアップライトピアノ贈呈式がありました。

場所は、薩摩川内市商工高等学校です。

寄贈されたピアノにデザイン・ペイントしてくれるのが、商工の美術部の皆さんなのです。色鮮やかにペイント・デコレーションされて、ピアノの第2の人生を、ダイwプラッセの中でスタートさせることになるでしょう。楽しみです。

ストリートピアノプロジェクトのコンセプトは、

“よき音湧くところによき人集まり よき人集まるところに よき出会い生まれる すべてのまちにひとの心に寄り添う音楽を”

来年1月18日・19日には、鹿児島中央駅一番街商店街で、

「鹿児島発!!お・も・て・な・し フェスタ」が開催されます。

鹿児島県内宮崎市から10台のストリートピアノが集結します。

全国初のストリートピアノオーケストラが聴けます。楽しみです。