日記・談義坊 /

クイズ<第2問>地方自治法にいう「公の施設」とは?


クイズ<第2問>

地方自治法にいう「公の施設」の例として妥当でないのは?1つ選びなさい。

① A県が指定した指定管理者によって管理されるA県立スポーツセンター

② B市がその区域外にB市住民の利用を念頭において設置したB市宿泊施設

③ C町の役場の建物内に設置されているC町職員のためのC町職員食堂

④ D村の村民以外の利用も認められているD村立図書館

解説

この問題は、地方自治法の公の施設分野からの出題である。地方自治法にいう「公の施設」とは、地方公共団体が、住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するために設けた施設のことである(地方自治法244条1項)。

当該地方公共団体の「住民の権利を増進する目的」をもって、当該地方公共団体「住民の利用に供する」ために設けられた施設であれば、実際の管理が指定管理者によってなされていようと(①)、当該地方公共団体の区域外に設置されていようと(②)、当該地方公共団体の住民以外の者の利用が実際認められていようと(④)、それは、「公の施設」である。

しかし、当該地方公共団体の「職員」の利用が専ら念頭におかれて、住民の利用を想定していないとみられるような施設(③)は、「公の施設」とはいいがたい・

正解 ③