日記・談義坊 /

「りこんできぬ不幸もある」って、誰のこと。


「31年目の夫婦げんか」の映画の話を夫婦でしながら、二人の共通の知人、某Sさんのある短歌のこと、話題になりました。

南日本新聞の短歌欄に、有名な選者による首席短歌として、Sさんの短歌が紹介されていたのです。

りこんせし不幸もあれば りこんできぬ不幸もあると 言ひきる君は

妻の美代子さん、「離婚できない不幸って、あんたのことね」って、と言うではありませんか。「お前のことじゃないのか」って、ムキになる私でありました。

40年を超えて夫婦やっていると、夫婦喧嘩のネタも無くなっているんです。

「離婚することも無く」40年以上も、夫婦であったこと、幸せ?「離婚できないで、最後まで夫婦」って、不幸ですか?

夫婦の在り方って、いろいろ有っても不思議じゃないですよね。

我が夫婦の場合、どんな夫婦なんでしょうか。

「今度生まれ変わっても、また、一緒になろうかねー」って、言うと、「あの世で私を見かけても、声かけないでね」とおっしゃいます。「おれ以外に、お前に声かける男いるかねー」と言いたいのですが、言っていません。今度は、美代子さんから、声かけさせるように、策を考えませんなら。

元気で金婚式迎えたいものです。お互い、健康に気を付けて頑張りましょう。