日記・談義坊 /

KAGOSHIMA熱闘会議25年目へスタート


KAGOSHIMA熱闘会議の総会が、無事開催されました。忘年会は、2次会を含めて多くの方が参加して、楽しく弾むことでした。

1万円也の年会費を払って、新しく入会された、5名の皆さんの自己紹介、頼もしい限りでした。薩摩川内市からも、Uー30の若きメンバーが加入でありました。

今回の総会は、「九州沖縄地域づくり会議INかごしま」の総括・報告会となり、りっぱな報告書もできました。ご指導いただき、とりまとめまでしていただいた3名の大学の先生ありがとうございました。1万円の会費を払って頂いて、平成25年度も継続会員です。ありがたいことです。

報告書の編集、大変だったようです。米山副会長ありがとうございました。ご苦労様でした。

今回の総会には、入来・大馬越、南さつま市・大坂、志布志・松山の皆さんにも参加して頂き、各地域づくりプランの学習・研修会もやることでした。

ところで、ところで、このブログ(このあとです)を読んで、美代子さんが怒るんだろうなと、気が滅入っているところです。

次期会長予定者のTさんが、仕事等の諸事情から2年間だけ活動を休ませてとの事で、大慌てでありました。

押しつけられたと言うか、抵抗も甲斐無く、会長継続となってしまいました。ごめんなさい。議員だって、引退すると強く誓っていながら、9月になって、出馬を弱々しく、妻美代子さんに相談したばかりだったのに。

「自分でないとできないと、思ってんじゃないの」との言葉。それとも「お人好しもいいかげんにして、バカ」ってか。

とにかく、ごめんなさい。

引き受けたからには、KAGOSHIMA熱闘会議もあと2年頑張りませんなら。30周年記念は、りっぱなリーダーのもとで開催されることは、間違いありませんから。