日記・談義坊 /

連鎖販売取引(マルチ商法)って、やっぱり問題ありです。


Oさん、あなたから相談受けたとき、「それは、ネズミ講そのものだよ。ばかな誘いに、巻き込まれないで」と、簡単に断罪口調でいさめましたが、あまり納得はしてもらえませんでしたね

かく言う私も、マルチ商法については、よく判っていませんでした。インターネットで調べたり県の消費者相談センターに電話して聞いたりして、少しは判ったような気になっているところです。

ネズミ講とは、会員をねずみ算式(幾何級数的)に増やしお金を集め利益を増やそうとする組織。日本では、無限連鎖講の防止に関する法律により、その組織の開設・運営・勧誘は一切違法とされています。

Oさん、あなたが勧誘されているのは、連鎖販売取引って言うんだそうです。

連鎖販売(マルチ商法)とは、商品を購入した人が、さらに商品の買い手を探し勧誘を繰り返すことで、ピラミッド的に販売組織を拡大する商法です。加入者が増えると階層が上がり、マージンが多く入る仕組みです。

消費者相談センターの相談員の話でも、組織拡大のためのトラブルも多いんだそうです。被害者の立場が、ときには、加害者の側にも立ってしまうこともあるそうです。

マルチ商法等と呼ばれる連鎖販売取引について、法律では、細かく規制が定められているようです。勧誘方法、必要書類の交付等、厳格な規制が定められているといいます。

Oさん、一番心配するのは、自分が高い商品を買わされたって事より、自分もちょっとでも歩合・マージンをもらおうと、友人・知人を勧誘したために人間関係を壊してしまうことです。人の良い、Oさんは、勧誘などできないでしょうが、楽して、金が儲かる話は、眉唾ものだってことです。

お金を稼げる方法を教えてあげるって話には、気をつけましょう。

稼ぐための困難さを伝えなかったり、多くの人がそれだけ稼いでいない実態を隠して如何にも儲かるような勧誘などは違法です。犯罪なのです。

Oさんから見せてもらったパンフレットも、きれいごとを並べながら、胡散臭い何かを感じました。

健康補助食品の宣伝文句は、大学教授や専門家の肩書きを使ってりっぱに謳いあげられています。よしとしましょう。

会社の社会貢献のくだり、どう読みましたか。あまりにもきれいごと過ぎませんか。

製品の製造、販売活動を通じて、紹介によって広がるヒトの和(数)のチカラを結集し、製品代金の一部やメンバーの皆様からの善意の寄付等を社会貢献基金とし、経済活動を通じた持続可能な社会貢献・地域貢献を推し進めて参ります。

このことが強調されるのは、Oさんに自信を持って、下部組織としての次のヒトを勧誘してもらいたいからなんです。良いことしているんだと思い込ませたいんです。

Oさん、また語りましょう。消費者相談センターにも電話されたらどうですか。相談員親切丁寧に応対してくれますよ。

商品の購入代金は、社会勉強の授業料だと思えば安いものです。

私なんどは、若いときだけじゃ無く、還暦過ぎた今でも、社会勉強の繰り返しで、授業料払いっぱなしです。