日記・談義坊 /

孫の相手も大変


大阪・川西の孫(従兄弟)たちの様子も知らせようと谷山にでかける。3月議会での一般質問の勉強も出来ていないのですが・・・・。

2月11日祭日だってこともあって、映画観に連れて行ってとせがまれる。娘ママは、家事(掃除や洗濯)の邪魔になるから、末っ子のお守りもという。それは無理でしょうと、颯亮の後追いを振り切りながら、脱出を試みるも失敗。ママと颯亮も一緒にアミュプラザに出かけ、別行動をとることにする。

兄の祐汰は「イナズマイレブン」、弟の遥都は「ゴーカイジャー」を観たいという。「イナズマイレブン」を観ることになったが、私は騒がしい中、居眠りをしていました。

キップ売り場に並んでいた、小学2年生ぐらいの子どもに「なに観るの」と聞くと「日本列島・いきものたちの物語」という。うちの孫たちはウルトラマンやゴレンジャーがちょうどいいのでしょう。

颯亮のほうは、チョロチョロしてママさん買い物もできなかったとのことで、午後からは、私がお守りをうけがうことでした。

夕方には、3人引き連れて銭湯・温泉に行くことでしたが、いつものように大事でありました。