日記・談義坊 /

厳しい選挙も終わりました。


選挙期間中、ブログもお休みでした。

今日から、できるだけ情報提供も含め、議会活動関連の話など載せていきたいと思います。

とりあえず、選挙戦ウラ話から。

・多くの方からお祝いの電話いただきました。しかし、なかには、水曜日の今日になってから、お悔やみの電話をくれた友人もいます。なぜか?国分や川辺などでは、月曜日の南日本新聞の早刷りで、開票率70%段階での発表が載せられていたようです。多くの候補者が1,000票以上なのに、江口是彦は、500票と最下位に載っていたんだそうです。「なんと慰めの言葉をかけたらいいのか、電話掛けそびれた」とのこと。

原因は、第三開票所(下甑島)の通信手段の不具合から、本部での集計に下甑分が入っていなかったようです。

ちなみに、結果は、18位の1,506票でした。下甑が920票でしたので、これが抜けたら最下位であります。

・甑島からは、上島から石原伏巳さんが立候補され、第二開票所(上甑島)では、923票と頑張られたのですが、後一歩届きませんでした。

新聞でも紹介されていたように、薩摩川内市になって、甑島からの選出議員、一回目6人、二回目2人、三回目となる今回は、私一人であります。責任重大です。

・全体では、現職6人が落選し、新人4人が進出となり、議会も様変わりとなりそうです。新人の皆さん、話してみましたが、しっかりされています。即戦力となりそうです。

・選挙期間中に、南日本新聞に一面を使って候補者のアンケートが載っていましたが、読みましたか?

結構気を使い、力を入れ、時間掛けて書いたんですよ。その一つに、尊敬する政治家や人物は、ってのがあったんです。

34人の候補者とかぶらない人物をと考えました。西郷隆盛、坂本龍馬、勝海舟などは誰かが書くだろうなぁーと、絞った末に、逢坂誠二、マザー・テレサ、和田美代子の中からと決めたのでした。マザー・テレサかぶっちゃいました。逢坂誠二も書いている人いましたね。遊びで、和田美代子って書いたらよかったかな。

・選挙公報もリキ入れたんですよ。有権者全員に配布されるんですから。それが、配布されたのは、投票日前日の土曜日、どうにかできなかったんでしょうか。

・選挙といえばウグイス嬢がかかせません。私は、KAGOSHIMA熱闘会議のメンバーにお願いしたのでした。さすがプロと思ったセリフ。狭い山道での離合で、相手の車にバックしてもらった時、「車通してもらってありがとうございます。江口このひこも通してやってください」

選挙にかかわる面白い話、まだまだありますが、またいつか紹介しましょう。