日記・談義坊 /

一般質問どうにか通告!


今回は、質問の骨子が固まらず、通告期限最終日の月曜日に出すこととしていた。

26日の甑島連合会の定期総会に出席を通知していたら、土曜日に副市長などをかこんで役員の皆さんで懇親会を企画しているとのこと。

また、尼に来ると知った同級生たちが同窓会をしようと企てている。土、日と尼崎でノン方続きそうです。月曜日の午前中の帰りすらおぼつかないことになりました。ってことで、質問項目だけでも整理しなければと役所に出向き、担当部署を回りながら、助言をいただき、通告書の文言をまとめることでした。

通告書は、夜中にでもFAXで提出。聞き取りは、月曜日帰ってきてからと、事務局に申し入れ。

初日は、代表質問7人、個人質問2人の提出があったものの、2日目は誰一人こないという。残りの皆さん、じっくりかまえて最終日提出のようです。じゃぁー、私一人でも出しておこうかと、会派室のパソコンを使ってつくり、印刷したのです。

クジも20本用意されていましたが、一人ですから、何番を引いても関係ありません。楽しみも、緊張感もないクジでありました。

  通告書の内容

1、甑島振興に関する現状と課題について

(1)甑島における定住を促進するための方策について

(2)漁業振興、水産加工6次産業化事業の将来的展望について

  漁業経営の安定化、零細な漁家も安心して操業できるための魚輸送補助等の検討を

(3)甑島国定公園実現のための方策について

(4)観光客のおもてなしサービスの在り方について

(5)次世代エネルギ導入による島の特性を生かした「エコな島」づくりの具体的なアイディアはあるのか。

(6)こしきアイランドキャンパス事業の更なる充実を

(7)海洋深層水を生かしたタラソテラピーの導入を

(8)島民のための島民が願う甑島航路の在り方について

2、甑島の支所の在り方・役割について

(1)地元出身の職員採用の実施について

(2)地域現場から職員が政策を考え提言できる環境づくりを

(3)(仮称)甑島総合振興局の在り方について

3、自治基本条例について

(1)自治基本条例はどう生かされているか。条例実効化の措置について

(2)自治の基本原則、とくに信託の原則について。市長等は就任時に宣誓を

(3)住民投票の位置付けについて

(4)子どもの権利について明文化すべきでは

(5)見直し規定につて

4、傷つきながらもなお、一生懸命頑張っている子どもたちの存在を認めよう。7中学校に解説されている「心の教室」、中央公民館の「スマイルルーム」の更なる充実を

二日目最後のになるのでしょうか。頑張りませんなら。