日記・談義坊 /

「第9回薩摩川内はんやまつり」


「はんやまつり」の踊りに、市議団も参加となった。議員数も減となり、おまけに新人議員は、11月6日までは、まだ任期が始まっていないので案内はしていないという。甑島での挨拶回りで欠席しようかとも思ったのですが、議員としての仕事の一つと参加したのです。

踊りそのものは、簡単そうに見えるのですが、当日30分程度の練習では、手と足の動きおぼつきません。実際、2時間程踊っている間に、覚えたような気になるのですが、1年後には忘れてしまうんです。その繰り返しで9回目。上達しないものです。

現職議員には、引退した人、落選した人、皆さんに案内をしたとのこと。O議員一人だけが、元気な姿で参加されました。次の機会に備えて、行動を起こしているってのには、感心しました。頑張ってください。

次の議会構成に向けての、会派づくりも最終場面を迎えたようです。私は、誰とでも、喧嘩議論(口論)しながらでも、仲良くお付き合いできると思っていますので、誘ってくれるところがあったら、喜んで入らしてもらいませんなら。もちろん、屋台引いてでも、議員活動やっていく自信がありますから、一人会派でもかまいません。

甑島選出のただ一人の議員であることは、肝に据えて、頑張って参ります。

続きは、また、明日。