日記・談義坊 /

週末・甑島帰省出来ず福岡へ


 今日は、島でゲートボール大会が予定されていた。
 金曜日の早朝、教育委員会の担当職員から台風接近も予想されることから中止してはとの電話。
 逸れるとの思いもあったが、日曜日船欠航になりそうな感じ。月曜日には本会議一般質問もあり、帰るとヤバイなと、中止を幸いに、手打帰り止める。

 欠席を連絡していた九州自治体法務研究会に、ドタキャンならぬ、ドタ参加することに。
 欠席のつもりでしたので、資料の準備などもしてなくて、会員である市職員にお願いしてプリントしてもらうことでした。

 今回は、神奈川県厚木にて開催される自治体法務合同研究会(全国大会)で、九州が担当する分科会の2テーマについての事前検討会でありました。

 報告の(1)は、
 『自治における「立場」と「責任」の喪失~地域団体による指定管理委託の現状と課題~』
 直売所における指定管理委託の問題を挙げ、地域団体の行政参画における課題を明らかにする。

 報告の(2)は、
 『「まちの課題」に向き合う公共空間の管理と利用のあり方~公共空間管理法制の政策法務的再編~』
 道路・公園・河川などの管理や利用のあり方を、「住民」「市民」の立場から見直し、真に「まちの課題を解決する」ことに役立つ公共空間の管理制度とは何か、について考える。

 全国大会にも参加して、勉強(?)し、パクレル所があったら、9月の一般質問で、披瀝しませんなら。