日記・談義坊 /

議員定数(26人・素案)に係るパブリックコメント


9月議会で、議員定数等調査特別委員会より「議員定数(素案)」の提案がなされた。この素案に対して、パブリックコメント(市民意見)が募集されることとなった。10月20日まで受け付けることになっている。どんな意見が寄せられるのか分かりませんが、市民感覚(感情)としては、議員定数削減は、賛成・歓迎ってことになるのでは。

定数については、現行の34人から8人削減し、次期選挙より26人とする素案である。

私は、特別委員会に所属していないことから、十分議論に参加できていませんが、定数削減、それも一挙に8人減らして26人にするとは、納得しかねます。

その根拠・理由の一つに、議員定数削減は、「少数精鋭」になり、議会機能の充実は、可能とされている。しかし、議員を減らすことが「少数精鋭」につながるとは思えない。

逆に、有能な議員が排除されていくことも考えられます。甑島などからの議員も選出されないこともあり得ます。

 

市民意見(パブリックコメント)の内容を注目してまいりたいと思います。

具体的に議員定数26人案が本会議に提案されることになるでしょう。

採決の際、賛成するのか反対するのか悩ましいことになるでしょう。特別委員会で導き出された結論も尊重したいし、我が会派でも、削減反対の私の主張は少数でありますから、本会議本番での態度表明は難しいことになりそうです。